地球にとって銀河での最も危険な現象が明らかに

© AFP 2022 / ESA/Hubble & NASAСверкающая звезда класса Вольфа-Райе WR 31a в центре голубого "Пузыря"
Сверкающая звезда класса Вольфа-Райе WR 31a в центре голубого Пузыря - Sputnik 日本
「ブルーマーブル」宇宙科学研究所の地球物理学者ディミトラ・アトリ氏は、宇宙全体の大変動により、火星の大気が失われる可能性があるとの研究を明らかにした。博士が集めたデータによれば、これは、地球を取り巻くガスの層にとっても、銀河で最も危険な現象であるとのことだ。

アトリ博士は、強烈な銀河ガンマ線の放射、近くの超新星の大爆発、星雲を通し入り込む宇宙塵、そして太陽のスーパーフレアといった4つの現象が、火星の大気に及ぼす影響について考察した。

その結果博士は、中でも付近の超新星の大爆発により生じることが、大気に非常に危険な影響と与えると結論付けた。爆発は、ガス層の約百分の一の損失につながるという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала