ニュージーランドの学者 パイロットの新たな心理的危険要素を指摘

ニュージーランドの学者グループは「悪天候の中では、飛行機のパイロット達は、不合理な思考により誤った決定を下す傾向がある」と主張している。彼らの研究結果は、雑誌「Applied Cognitive Psychology」に発表された。

科学者ら、睡眠障害と記憶の関係を発見 - Sputnik 日本
科学者ら、睡眠障害と記憶の関係を発見
心理学者のグループは、754人のパイロットに、飛行中生じる様々な状況の安全判断について、調査への参加を依頼した。それによれば、もしすぐに「天候が良好だ」とパイロットに言った場合、飛行の際、彼らは、天候条件をより肯定的に評価するが、逆に「天候が悪い」と言った場合、たとえ「天候が良い」といった場合と同じ気象条件だったとしても、パイロットは「悪い」と受け止めてしまうことが分かった。情報に対する人間の第一印象により、状況を受け止めてしまう「結び付け効果」が働いてしまうのだ。

また、問題のある条件の中では、パイロット達は、肯定的な評価や慰めの言葉の方を、より信じることも分かった。例えば、リスクを伴った着陸あるいは雲を通過する時など、パイロットらは、そうした傾向を示す。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала