「スノーデンアーカイブ」:米国諜報機関は「タンボフヤクザ」を狙っていた

© Fotolia / Serkat Photography「スノーデンアーカイブ」:米国諜報機関は「タンボフヤクザ」を狙っていた
「スノーデンアーカイブ」:米国諜報機関は「タンボフヤクザ」を狙っていた - Sputnik 日本
国家安全保障局(NSA)は「何ヶ月も」の間ロシアの実業家で犯罪の世界における権威ウラジーミル・バルスコフを監視し、その電話での会話に耳を傾けていた。インターセプトがウェブサイトに掲載したNSA無線電子諜報局レポートで明かされた。

レポートは元CIA職員エドワード・スノーデン氏がメディアにリークした膨大な秘密文書、いわゆる「スノーデン報告」に含まれているもの。

ウラジーミル・バルスコフは中央ロシアのタンボフにある組織犯罪グループのリーダーとされる。

同時に彼はサンクトペテルブルクで最も権威ある実業家でもあり、ペテルブルクの燃料会社の元副総裁。 2007年に犯罪グループ組織と詐欺で起訴されたが、公聴会は未だに行われていない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала