大統領たちの人生最悪の日(動画)

一国を代表する大統領といえども(こりゃ、まずい)という瞬間はあるものだ。

ウリヤノフスク自動車工場を視察するプーチン大統領。オフロードカー「UAZパトリオット」のドアをどうしても開けられない。そこで助っ人を買って出たジェネラルがドアノブに手を掛けると、なんとノブごと取れてしまった。

「アメリカンボーイ」の歌に合わせて踊るメドヴェージェフ前大統領の様子は未だにパロディーの対象にされている。

その代わりメドヴェージェフ氏は幸せなことに、ウクライナのヤヌコヴィチ前大統領のキャリア史上、一番情けない瞬間を垣間見てしまった。

ジョージ・W・ブッシュ前米大統領の脳裏からは自分に向かって靴が飛んだ魔の記者会見の記憶が去らない。

ウクライナポロシェンコ大統領、晴れの舞台の大統領就任式でよりによって儀仗兵が意識を失うなんて…。

オバマ米大統領、英国訪問で国歌吹奏に気がつかず、とうとうと演説をぶち続けてしまった。

後は米大統領のリムジンが道の突起にひっかかってしまったこともあった。

メルケル独首相にも情けない瞬間はありました。気持ちよく飲もうと腰掛けた瞬間、ウェイターがお盆のビールを背中にバシャーン。

でもそれより悲しかったのは記者会見で突然ジャーナリストの歌い始めた「ハッピバスデー」。そのひどい歌いっぷりに繕う笑顔の首相。心情は(あぁ、消えていなくなりたい…)。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала