米国 広島原爆投下に対し日本に謝罪するつもりなし

米国は、1945年の広島への原爆投下に対し日本に謝罪するつもりはない。木曜日、ホワイトハウスの米大統領側近、ベン・ローズ大統領副補佐官(戦略広報担当)が、伊勢志摩サミット出席のためオバマ大統領が日本を訪問する前に、記者団のため開かれたブリーフィングで述べた。

オバマ大統領は、訪日中、米現職大統領として初めて広島を訪問する。

ローズ大統領副補佐官は、次のように述べた―

「今回、オバマ大統領の日本訪問の目的は、謝罪のためではない。米国人は、第二次世界大戦を勝利に導いた世代の軍人達を大変誇りに思っている。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала