米国学者グループ 双子が長生きする理由を説明

米国の学者グループは、一卵性双生児が、一般の人々より若くして死ぬことが少ない理由について、説明した。

研究によれば、一卵性双生児の場合、遺伝子的要素が、双子の健康に破壊的な影響を与え始めるのは、彼らが60歳を過ぎてからで、双子の寿命は、一般の人達より10 %長い、とのことだ。おまけに女性の場合、その傾向が顕著だ。ポータルサイトLenta.ruが伝えた。

学者グループは、こうした状況について、双子の場合、彼らの間には特別の信頼関係が確立されているおかげで、互いに物質的そして経済的に助け合うこと、また悪い習慣に染まらないよう互いに注意しあうことから来ているのだろう、と説明している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала