広島県が安倍首相に、オバマ大統領と被爆者の対面を要請

© REUTERS / Toru Hanai広島県が安倍首相に、オバマ大統領と被爆者の対面を要請
広島県が安倍首相に、オバマ大統領と被爆者の対面を要請 - Sputnik 日本
広島県、広島市は安倍首相に対し、オバマ米大統領と被爆者の対面を組織するよう要請している。要請を行なったのは広島県の湯崎知事と広島市の松井市長。共同通信が24日報じた。

松井市長はオバマ氏には被爆者の心情を理解して欲しいと述べ、外務省と米国側がこの問題を熱心に検討してくれるものとの確信を示した。

1945年8月6日、米国が広島に投下した1発の原爆によって7万人から10万人が亡くなった。生き残った人々も放射能の影響を受け、多くの人が後遺症で苦しみながら死亡した。 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала