ロシアの管制官 偵察機の異常接近で高度変更を余儀なくされる

© AP Photo / Pavlos Vrionides偵察機
偵察機 - Sputnik 日本
25日、極東のロシアの管制官たちは、日本海の公海上空で偵察機と思われる所属不明機が異常接近したことにより、外国の航空機の高度を緊急に変更することを余儀なくされた。

管制官たちは、所属不明機が高度およそ1万メートルを飛行しているのをレーダーで確認した。所属不明機は地上からの呼びかけに応答しなかった。

この時、日本発パリ行きの旅客機が同空域を飛行していた。管制官たちは衝突を防ぐために旅客機の高度を変更しなければならなかった。

なおロシアの管制官らは5月22日にも偵察機と思われる交信に応答しない航空機が異常接近したため、日本海上空で欧州の航空機2機の高度変更を余儀なくされている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала