オバマ大統領:北朝鮮は米国内の標的を効果的に攻撃するすべを学んでいる

© REUTERS / KCNAオバマ大統領:北朝鮮は米国内の標的を効果的に攻撃するすべを学んでいる
オバマ大統領:北朝鮮は米国内の標的を効果的に攻撃するすべを学んでいる - Sputnik 日本
北朝鮮は現時点で米国内の標的を効果的に攻撃することができないが、そのすべを学んでいる。G7サミットで日本を訪れている米オバマ大統領が述べた。

「つまり北朝鮮は誰にとっても大きな脅威だ。現時点で彼らは米国内の標的を効果的に攻撃することができないが、実験を行うたび、たとえ失敗した場合でも、彼らは何らかのことを学んでいる」と大統領。

北朝鮮は、モスクワ時間で6日午前4時30分に初の水爆実験を実施したと発表した。北朝鮮は以前、水爆保有を示唆していた。韓国や日本をはじめとした近隣諸国は、世界に対して注意を喚起し、対北朝鮮追加制裁などの措置を取ると強調した。

なお、水爆実験が成功したと発表した北朝鮮側は、米国から自国を守るために核兵器の開発を始めたと指摘し、北朝鮮の主権が侵害されない限り、核兵器を先に使用することはないと説明した。

北朝鮮は、2005年に自ら核保有国であることを発表した。北朝鮮は2006年、2009年、2013年に地下核実験を実施し、国際社会から強い抗議を呼んだ。

国連安保理は北朝鮮による核実験を受け、北朝鮮に対して核分野における活動の停止を求める一連の決議を採択した。決議第1718号および第1874号では、制裁の他に、北朝鮮に核実験や弾道ミサイルの発射を実施しないことや、朝鮮半島の非核化に関する協議への復帰も要求されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала