火星 11年ぶりに地球に最接近

© 写真 : Pixabay火星
火星 - Sputnik 日本
30日、火星が11年ぶりに地球に最接近する。火星と地球の距離は、約7600万キロに縮まる。Space.comが伝えた。

冥王星 - Sputnik 日本
NASA、冥王星の新たな高解像度画像を公開(動画)
火星と地球はさらに今後2週間は互いに比較的近い距離に位置するが、6月12日に急激に離れ始める。

なお火星と地球が最も接近したのは2003年8月。約5570万キロまで近づき、歴史的大接近となった。

30日夜、火星はさそり座の近くで観測することができる。火星は望遠鏡や双眼鏡を使わなくても肉眼で見ることができる。

天候がよければ、Slooh天文台からのインターネット中継でHD解析度の火星を観測することができる。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала