Airbus社 緊急脱出可能な「ブラックボックス」取付を提案

© Sputnik / Maksim BlinovСамолет Airbus A330 авиакомпании "Аэрофлот" заходит на посадку в международном аэропорту "Шереметьево"
Самолет Airbus A330 авиакомпании Аэрофлот заходит на посадку в международном аэропорту Шереметьево - Sputnik 日本
5月19日、地中海にエジプト航空機A320が墜落した事件は、旅客機上に、墜落しても損なわれることのない緊急脱出可能な「ブラックボックス」を取り付ける必要性を、さらに根拠づけるものとなった。

Airbus社の主任エンジニア、チャールズ・チャンピオン氏は、新聞「The Guardian」の取材に対し「もし、ボイスレコーダーに緊急脱出装置が付くようになれば、その発見は容易になるだろう」と述べた。

緊急脱出装置のついたブラックボックスは、事故が起こった場合、機体の尾部から切り離されることになる。同様のシステムは、だいぶ前から、軍用機に導入されていたが、民間航空機用には、リスクを伴うとして利用されていない。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала