ドイツにとってロシアは「ライバルとなった」

© AP Photo / Sergei Karpukhinドイツにとってロシアは「ライバルとなった」
ドイツにとってロシアは「ライバルとなった」 - Sputnik 日本
ドイツ国防省が準備した安全保障問題に関する文書では、「ロシアは冷戦後に形成された欧州の世界秩序を疑わしく思っており、戦争と平和の間の境界線を消し去っている」と述べられている。

メルケル首相:対ロ制裁解除は余りに時期尚早 - Sputnik 日本
メルケル首相:対ロ制裁解除は余りに時期尚早
ドイツ国防省は、国の安全保障政策に関する「白書」の策定作業を事実上終えた。ディ・ヴェルト紙が報じた。

80ページにわたる文書には、ドイツが追い求めるべきである利益や対応すべき挑戦、その手段などが記されている。

ドイツの10大脅威のリストには、現ドイツ政府が「もうパートナではなく、ライバルとなった」と考えているロシアが入っている。

ディ・ヴェルト紙は、「白書」案から抜粋して「ロシアは冷戦後に形成された欧州の世界秩序を疑わしく思っており、戦争と平和の間の境界線を消し去っている」と報じている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала