アップル製品の利用者97パーセントが恥ずかしがること

© Flickr / Mike Lauアップル製品の利用者が恥ずかしがること
アップル製品の利用者が恥ずかしがること - Sputnik 日本
アップル製品の利用者たちは、事実上、公共の場で音声アシスタント「Siri(シリ)」を利用するのを躊躇していることが分かった。調査会社Creative Strategiesが実施した世論調査の結果、明らかとなった。

Creative Strategiesは、「Siri」を使ったことのある人々を対象に世論調査を行った。その結果、回答者の約97パーセントが、公共の場では使用を躊躇していることが分かった。

「シリ」が最もよく使われているのは自動車の中(51パーセント)と自宅(39パーセント)だった。

また世論調査の回答者たちは、職場の同僚の前で「シリ」を使うのを躊躇していることを認めた。

世論調査には米国人500人が参加した。また調査では、米国社会の例として、米国住民は公共の場で大きな声で電話で話す習慣があるものの、端末に向かって話しかけるのは、なにか別のものだと認識している傾向があることも分かった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала