日本の医師たち 他人のiPS細胞から作った細胞を移植へ

© Sputnik / Vitaliy Ankov / フォトバンクに移行日本の医師たち 他人のiPS細胞から作った細胞を移植へ
日本の医師たち 他人のiPS細胞から作った細胞を移植へ - Sputnik 日本
日本の医師たちは2017年前半にも世界で初めて加齢黄斑変性の患者に他人のiPS細胞から作った細胞を移植する計画。日本のマスコミが伝えた。

塩 - Sputnik 日本
減塩はかえって危険
加齢黄斑変性は失明に至る恐れがあり、光線が集まる中心である黄斑領域における網膜血管を破壊する。

理化学研究所、神戸市立医療センター中央市民病院、京都大、大阪大は、政府の許可を得た後、手術を実施することができるという。

毎日新聞は、「患者自身の細胞からiPS細胞を作ると安全性の確認などにコストと時間がかかるのが課題だった」が、「他人由来のiPS細胞を備蓄して安全性を確認して利用すれば、約11カ月かかっていた移植までの待機時間も1カ月程度に短縮でき、手術1回当たり億単位に上っていたコストも大幅に圧縮できるという」と報じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала