ウラジオストク空港で「腹ごしらえ」した猫のマトロスカ死亡

© Sputnik / フォトバンクに移行猫のマトロスカ
猫のマトロスカ - Sputnik 日本
2014年にウラジオストクの空港内にある魚介類を売る店を「襲撃」して総額6万3000ルーブル(約10万円)相当の海の幸を食べて一躍ロシア全土で有名になった猫のマトロスカが、ウラジオストクで死亡した。ロシアのマスコミが7日、報じた。

子熊が演習中のフィンランド軍人3千を恐怖のどん底に - Sputnik 日本
子熊が演習中のフィンランド軍人3千を恐怖のどん底に
野良猫だったマトロスカは「襲撃」事件の後、地元のホッケーチームにマスコットとして引き取られた。同ホッケーチームが、マトロスカの死を伝えた。

マトロスカは10歳を超えていた。獣医師によると、死因は、路上での苦しい生活で発生した病気だという。

獣医師は、「ホッケーチームでの生活は猫の寿命を延ばし、幸せな老後を提供した」と発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала