ISSのクルーを乗せた「ソユーズ」地球に無事帰還

© REUTERS / Dmitry LovetskyБританский астронавт Тимоти Пик, русский космонавт Юрий Маленченко и американский астронавт Тимоти Копра перед стартом космического корабля "Союз ТМА-19М" с экипажем 46/47 экспедиции на МКС с космодрома "Байконур", Казахстан
Британский астронавт Тимоти Пик, русский космонавт Юрий Маленченко и американский астронавт Тимоти Копра перед стартом космического корабля Союз ТМА-19М с экипажем 46/47 экспедиции на МКС с космодрома Байконур, Казахстан - Sputnik 日本
国際宇宙ステーション(ISS)の長期滞在クルーを乗せた宇宙船「ソユーズТМА-19М」が、地球に無事帰還した。18日、土曜日、ロシアのメディアが伝えた。

国際宇宙ステーション - Sputnik 日本
ISSのカメラ 球状の未確認飛行物体をとらえる(動画)
「ソユーズ」は、カザフスタン領内のステップに着陸した。同宇宙船には、ロシア(ロスコスモス)のユーリイ・マレンチェンコ飛行士、米国NASAのティモシー・コプラ飛行士、欧州宇宙機関のティモシー・ピーク飛行士が乗り組んでいた。

第46次/第47次長期滞在クルーは、軌道上に186昼夜滞在した。

次の滞在クルー、第48次/第49次長期滞在クルーを乗せた宇宙船の打ち上げは、当初6月24日に予定されていたが、7月7日に延期となった。ロシアのアナトリイ・イワニシン、日本の大西卓哉、米国NASAのキャスリーン・ルビンズの3飛行士が、ISSへと向かう。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала