原油価格、前夜の急落の反動で上昇

© Sputnik / Vitaly Timkiv / メディアバンクへ移行石油
石油 - Sputnik 日本
原油価格が世界的に上昇している。米エネルギー省の発表で米国のガソリン及び留出油備蓄が大幅に増大したことが分かり、昨日、原油価格は一挙に5%以上下落した。これを受けての上方修正だ。

国際格付け機関「ムーディーズ(Moody`s)」 - Sputnik 日本
国際格付け機関「英国のEU離脱で最も痛手を被る国はどこ?」
ブレント原油9月先物の価格は1.23パーセント増でバレル当たり46.83ドル、 WTI原油8月先物の価格は1.45パーセント増加でバレル当たり45.40ドルになった。

フィリップフューチャーズの専門家によると、市場ではバランスの回復のプロセスが進行しているが、原油価格に対する圧力は続いている。市場ではすでにバレルあたり50ドルというレベルへの価格の急激な上昇が見られた。ゆえに、40ドル以下のレベルへの同様に急速な下落もあり得るという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала