ダイハツの軽自動車 後部ドアの部品が破損する恐れがある

日本のダイハツ工業は、後部ドアの部品に不具合があったとして、軽自動車80万台をリコールした。すでにこの不具合で1人がけがをしたという。

日産 - Sputnik 日本
ロシアで新型Nissan Murano売り出される
リコールの対象は、2007年から2013年に製造された軽自動車「タント」およそ80万台。ダイハツは、「タント」の後部ドアの部品の塗装が不適切なため、潮風などの影響で腐食して破損し、利用者などが負傷する恐れがあると発表した。

ダイハツは、すでに1人が手にけがをしたと伝えた。

先に伝えられたところによると、三菱モータースは燃費データ改ざんのスキャンダルのため停止されていた4車種の小型車生産を再開した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала