ノルウェーの神話と伝説

ノルウェーは、雄大な山々、心を惹きつけるフィヨルド、神秘的な森からなる美しい風景だけの国ではない。この国は、豊かで複雑な神話の源でもある。

ノルウェーの芸術家ビオルグ=エリス・タッペンさんは、北欧の国ノルウェーの民間伝承によってつくられた神秘的な存在について独自のビジョンを持っている。

© 写真 : Bjørg-Elise Tuppenネックは、川や湖に住む恐ろしい生き物。性別は男。彼らは姿を変えて人々を誘惑し、溺れさせる。
ネックは、川や湖に住む恐ろしい生き物。性別は男。彼らは姿を変えて人々を誘惑し、溺れさせる。 - Sputnik 日本
1/10
ネックは、川や湖に住む恐ろしい生き物。性別は男。彼らは姿を変えて人々を誘惑し、溺れさせる。
© 写真 : Bjørg-Elise Tuppenヴィゾーヴニルは、北欧神話に登場する雄鶏。
ヴィゾーヴニルは、北欧神話に登場する雄鶏。 - Sputnik 日本
2/10
ヴィゾーヴニルは、北欧神話に登場する雄鶏。
© 写真 : Bjørg-Elise Tuppenノルウェーのエルフは、自然と肥沃の半神だった。また病気を引き起こすことも、それを治療することもできた。スカンジナビアのエルフは人間の大きさで、豊かな土地と結びつけられていた。
ノルウェーのエルフは、自然と肥沃の半神だった。また病気を引き起こすことも、それを治療することもできた。スカンジナビアのエルフは人間の大きさで、豊かな土地と結びつけられていた。 - Sputnik 日本
3/10
ノルウェーのエルフは、自然と肥沃の半神だった。また病気を引き起こすことも、それを治療することもできた。スカンジナビアのエルフは人間の大きさで、豊かな土地と結びつけられていた。
© 写真 : Bjørg-Elise Tuppenヨツンは、巨人。ヨツンは、ヨトゥンヘイムに住んでおり、背が高くて力が強く、アース神族と人間に敵意を抱いていた。
Norway – The Land of Myths and Folklore - Sputnik 日本
4/10
ヨツンは、巨人。ヨツンは、ヨトゥンヘイムに住んでおり、背が高くて力が強く、アース神族と人間に敵意を抱いていた。
© 写真 : Bjørg-Elise Tuppen光のエルフは、北欧神話における自然の小さな神々。彼らと対置されるのが悪であり悪夢を呼ぶ闇のエルフ。
Norway – The Land of Myths and Folklore - Sputnik 日本
5/10
光のエルフは、北欧神話における自然の小さな神々。彼らと対置されるのが悪であり悪夢を呼ぶ闇のエルフ。
6/10
幽霊と家
© 写真 : Bjørg-Elise Tuppenドラウクルは、海で亡くなり、地中に埋葬されなかった漁師の幽霊。ドラウクルは自分を見た全ての人に死をもたらし、犠牲者を黒海に引きずり込む。
ドラウクルは、海で亡くなり、地中に埋葬されなかった漁師の幽霊。ドラウクルは自分を見た全ての人に死をもたらし、犠牲者を黒海に引きずり込む。 - Sputnik 日本
7/10
ドラウクルは、海で亡くなり、地中に埋葬されなかった漁師の幽霊。ドラウクルは自分を見た全ての人に死をもたらし、犠牲者を黒海に引きずり込む。
© 写真 : Bjørg-Elise Tuppenフルドラは、歌で男性たちを森へ誘い込む女性。牛の尾が生えている。裏切った犠牲者には厳しい罰を与える
フルドラは、歌で男性たちを森へ誘い込む女性。牛の尾が生えている。裏切った犠牲者には厳しい罰を与える - Sputnik 日本
8/10
フルドラは、歌で男性たちを森へ誘い込む女性。牛の尾が生えている。裏切った犠牲者には厳しい罰を与える
© 写真 : Bjørg-Elise Tuppenスクロムトは幽霊。
スクロムトは幽霊。 - Sputnik 日本
9/10
スクロムトは幽霊。
© 写真 : Bjørg-Elise Tuppenノルウェーの神話で「ダウイング」は、死んだ人間。生きている人を捕まえるために蘇った。
ノルウェーの神話で「ダウイング」は、死んだ人間。生きている人を捕まえるために蘇った。 - Sputnik 日本
10/10
ノルウェーの神話で「ダウイング」は、死んだ人間。生きている人を捕まえるために蘇った。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала