ロシアがウクライナに対しロンドン高等法院に請願書提出

ウクライナの30億ドルの対ロシア債務不履行に対する申し立てを略式で解決するよう、ロシアはロンドンの高等法院に請願書を提出したとロシア連邦財務省が声明した。

ウクライナ議員サフチェンコ氏、米空挺部隊と休暇を取っていた - Sputnik 日本
ウクライナ議員サフチェンコ氏、米空挺部隊と休暇を取っていた
請願書の聴聞は2016年末に行われるはずだ。そして、肯定的な結果がでれば、長大な裁判プロセスを実施する必要なはなくなる。そうなった場合、実質的に17年初めにはもう最終決定がなされる可能性もある。

ロンドンの高等法院へのロシアの請願書には、ウクライナは債務者という自らの立ち位置を守るため、「自らの負債を返済するようにとの明白な要求に何の関わりがなく、そしてしばしば現実に即していないような全く政治的な論拠」を初めから利用していることが指摘されている。

前にウクライナのアレクサンドル・ダニリュク財務相は、対ロシア債務は「政治的負債」だったため、ウクライナはロシアに返済する必要がないと声明した。

国債はウクライナのユーロ建てソブリン債の購入を通じて、2013年にロシアから提供された。

去年15年末まではウクライナは適切に債務を返済していたが、対ロシアの国籍の返済にモラトリアムを宣言した。ウクライナは、ロシアが商業的な貸し手と同じ条件の債務に再構築することを期待している。しかしロシアは、この債務はソブリン債だと主張し、その申し出を拒否した。

先に伝えられたところによると、IMF、ウクライナ向け国際金融支援に際し、ロシアからの借款を計算。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала