研究者、生活に適している可能性のある20の系外惑星のショートリストを作る

© 写真 : encouragement研究者、生活に適している可能性のある20の系外惑星のショートリストを作る
研究者、生活に適している可能性のある20の系外惑星のショートリストを作る - Sputnik 日本
アリゾナ大学の研究者がケプラー宇宙望遠鏡によって近年発見された、ハビタブルゾーンを有する216の系外惑星をリストアップした。このような系外惑星のカタログは科学誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載された。

ケレス内部で巨大核が発見 - Sputnik 日本
ケレス内部で巨大核が発見
ハビタブルゾーンとは、惑星表面に液体の水が存在できるような熱すぎず寒すぎない適度な温度条件を持つ軌道領域だ。そして研究者は、この216の系外惑星から最大限地球に似た20の惑星を集めた。チームメンバーのナタリー・ヒンケル氏は次のように述べている。

「人や他の生命体が生息可能かもしれない「地球に似た」新たな惑星の発見は、好奇心をそそるほど私たちを引き寄せている」

惑星をハビタブルゾーンに選ぶために、研究者はサイズ、太陽までの距離、そして系外惑星自身のタイプといったパラメーターを分析した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала