熊本地震から4カ月 唯一行方不明となっていた学生の遺体発見

九州・熊本で地震が発生してからほぼ4カ月が過ぎたが、これまで行方不明となっていた男子大学生の遺体が救助隊員により発見された。NHKが伝えた。

「マグニチュード9の地震」との誤報で東京都民パニック - Sputnik 日本
「マグニチュード9の地震」との誤報で東京都民パニック
見つかったのは、4月中旬に発生した一連の大型地震のさい、熊本県南阿蘇村の阿曽大橋付近を車で走行中、土砂崩れに巻き込まれたと思われる大学生4年生の大和晃さん(22)

捜索活動は、土砂降りの雨のため中断されていたが、今週再開された。その結果、地震で崩落した場所で、大和さんが運転していたものと同じ色の車と、その中の遺体が見つかった。警察は、遺体は、地震後これまで行方が分からなかった大和さんであると見ている。

地震の関連ニュースはこちらのタグから。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала