日本 北朝鮮のミサイル発射に関する緊急情報システムの担当職員を増員へ

日本政府は、北朝鮮のミサイル発射に関連して、国民や行政機関などに緊急情報を伝えるシステムを担当する職員を増員する方針。NHKが報じた。

竹島/トクトの稀な現象:なぜ日本は韓国を怒らせるのか - Sputnik 日本
韓国議員団、日本からの独立を祝う日に竹島を視察
NHKによると、特に「落下地点の推定などの情報を国民に知らせるJアラート=全国瞬時警報システム」などの担当職員が増員される見込み。

日本政府は今年2月7日にもJアラートで北朝鮮の弾道ミサイル発射情報を伝達した。

NHKによると、政府は「エムネット=緊急情報ネットワークシステム」を担当する職員も増員する方針だという。

日本政府は今年、8月3日を含めて北朝鮮のミサイル発射の兆候を複数回把握できなかったことを認めた。

8月3日、北朝鮮は日本海に向けて弾道ミサイルを発射。防衛省によると、ミサイルは日本の排他的経済水域に落下した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала