稲田防衛大臣、中国の活動活発化で米国との協力強化を呼びかけ

© AFP 2022 / Jiji Press 稲田防衛大臣
稲田防衛大臣 - Sputnik 日本
稲田防衛大臣は国境付近での中国の活動が活発化しているとして、米国との協力を強化するよう呼びかけた。稲田防衛大臣は23日、入閣以来初めて横須賀の海上自衛隊基地視察を行い、その中でこうした声明を表した。

核大国になるため憲法をどう解釈すべきか - Sputnik 日本
「核兵器は大分前から少なくとも沖縄に存在している」―日本学者
稲田防衛大臣は日本の領海、空域の境界区域で中国が活動を活発化させており、現状を変える試みを続けていると発言。こうした状況をうけて、稲田防衛大臣は対米関係の強化の重要性を指摘し、アジア太平洋地域および全世界の平和と安定を維持する上で日本は重要な役割を演じていると付け加えた。

稲田大臣は視察でヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の甲板に上がった。このあと、米国原子力空母「ロナルドレーガン」の視察が予定されている。

今春、稲田氏は、モスクワを訪問した。この訪問は、5月にソチで行われた安倍・プーチン会談に先立つものとして注目された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала