ロイター通信:イランはOPEC加盟国の原油増産凍結を支持する可能性がある

イランが市場回復のために原油増産凍結に向かう可能性がある。ロイター通信が、石油輸出国機構(OPEC)などの関係筋の情報として報じた。

投資家らによる収益固定を背景に原油が値下がり - Sputnik 日本
投資家らによる収益固定を背景に原油が値下がり
伝えられたところによると、イラン指導部は9月下旬にアルジェリアで開催される国際エネルギー・フォーラムに合わせて開かれるOPEC会合を前に「肯定的なシグナル」を送っているという。

イランはまだ最終的な決断を下してはいないが、他の国と合意に達する可能性があるという。

なおイランは5月、原油生産量が制裁前の水準に達したため、増産凍結計画を支持する用意があると発表していた。

先にイランのザンギャネ石油相がアルジェリアで開かれるOPECの非公式会合に出席することが明らかとなった。

国際エネルギー・フォーラムはアルジェリアで9月26-28日開かれる。

原油の関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала