学者:管楽器演奏は致命的な可能性

© Fotolia / Amixstudio 学者:管楽器演奏は致命的な可能性
学者:管楽器演奏は致命的な可能性 - Sputnik 日本
バグパイプは演奏家にとって致命的に危険な可能性がある。そのような結論に英サウス・マンチェスター大学病院NHSファンデーション・トラストのウィゼンショウウ病院の学者が至った。論文は科学誌『 Thorax』に掲載された。

孤独は喫煙と同じくらい命に危険 - Sputnik 日本
学者:孤独は喫煙と同じくらい命に危険
学者は、合併症を発病し病院に来るまで、7年間空咳と息切れで苦しんでいたバイパー(バグパイプの演奏者)の病気を描写した。

病院で患者のバイパーは外因性アレルギー性肺胞炎という珍しい診断を下された。それは、鳥や干草を扱っている人によく診断が下される病気だ。病気は呼吸時に人体に入る真菌の胞子によって引き起こされる。

患者がオーストラリアに行き、バグパイプを長い間家に置いていたとき、医者は、問題がバグパイプに隠れていることを理解した。バグパイプのバッグからサンプルを採取したところ、カビや菌類が発見された。病気の原因は取り除かれたが、男性はまもなく肺損傷のため亡くなった。

医者によると、多くの管楽器には似た危険性があるという。

論文の著者ジェニー・キング氏は次のように述べた。

「管楽器はこのように暖かく湿度が高いため、カビや菌類が繁殖するには理想的な場所だ。」

サックスとトロンボーンを演奏する人にも同様の病気のケースが見られた。

先に伝えられたところによると、コーネル大学の学者グループが研究を行った結果、職場でのポジティブな音楽はチームの団結心向上を促進すると明らかになった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала