新テクノロジー - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

野生化した金魚、自然界では10倍に成長

© Flickr / Elma金の魚
金の魚 - Sputnik 日本
水槽で飼われている金魚や小型の飼育魚は自然の河川、湖に放された場合、豊富な餌環境によって10倍もの大きさに成長することがある。豪州の研究者のこうした論文が雑誌「エコロジー・オブ・フレッシュウォーターフィッシュ」に掲載された。

研究者らは特製の音波センサーを用いた実験で、貯水池に放された金魚らが数100キロメートルもの距離を越えて河川を泳ぎわたり、その間に他の種類の魚を捕獲している実態を明らかにした。

​研究者らは豪州の1箇所の河川を実験場にした。そこには12年前に恐らく一般の家庭から水槽の水交換の際に流れ出てしまったと見られる金魚が生息していた。

研究の段階でサッカーボールほどの大きさの重さ1.9キロの金魚が複数捕獲。研究者らは野生化した「元」家庭用金魚は肉食なため、他の種類の魚に深刻な被害を与えかねないと指摘している。

先に伝えられたところによると、海底から可愛い小さなタコがひっかかった

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала