ロシア 極超音速兵器の開発を2020年代初頭に完了する

© Sputnik / Igor Russakロシア 極超音速兵器の開発を2020年代初頭に完了する
ロシア 極超音速兵器の開発を2020年代初頭に完了する - Sputnik 日本
「戦術ミサイル兵器」社のボリス・オブノソフ代表取締役は、ロシアでは極超音速兵器の開発が進められていると述べ、2020年代初頭まで同兵器が完了すると指摘した。コメルサント紙が報じた。

戦闘機F16 - Sputnik 日本
NI:ロシア機を背景にF-16は過去の遺物になっている
オブノソフ氏は、「現在この方向に十分な注意が払われており、これを喜ばずにはいられない。軍事産業委員会付属高等研究財団との一連のプロジェクトも進められている。我々にはこの方向性ですでに興味深い結果が得られていることを信じて欲しい」と述べた。

またオブノソフ氏は、極超音速兵器プロジェクトに向けたペレストロイカ中に関心の低下が現れたが、現在同分野の発展は他の学術分野に肯定的な影響を与える可能性があると語った。

先に伝えられたところによりますと、ロシアにレーザーを使って敵を殲滅可能な新型飛行機が登場した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала