トランプ氏、ロシアは米政権を「尊重していない」

米共和党推薦のドナルド・トランプ米大統領候補は、ロシアがシリア正常化について先に米国と結んだ合意内容に違反したとの独自の見解を示した。

4日、ロシア国防省は、米国がシリア停戦に関する全ての合意事項を破り、テロリストらに再編成および武器弾薬の補充を行なう隙を与えたとしてこれを非難する声明を表していた。

これを受けてトランプ氏はアリゾナ州の支援者を前にした演説で「ロシアが合意に違反したのだ。それに彼らは現在も大砲を撃ち、爆撃を行っている。こうしたことは止めねばならない。迅速に止めねばならない」と語った。ロイター通信が演説を引用して報じた。

トランプ氏はこうした行為はロシアが米国指導部を「一切尊重していない」証拠だと語っている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала