クリントン氏、米国人に対するスパイ行為についてロシアを非難

民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン氏がハッカー攻撃と米国人に対するスパイ行為についてロシアを再び非難した。

ウィキリークス、クリントン氏の選対本部長のメール第12部を公開 - Sputnik 日本
ウィキリークス、クリントン氏の選対本部長のメール第12部を公開
「ロシア政府は米国人に対するスパイ活動に従事している。彼らは米国のサイト、個人または機関のサイトをハッキングし、インターネットへの公開を見越してウィキリークスに情報を与えた。それはプーチン大統領個人を含めロシア最高指導部の支持だった」。クリントン氏が共和党のドナルド・トランプ候補とのテレビ討論中述べた。

その目的は「米国の選挙に影響を与えることだった」とクリントン氏。

米国の諜報機関は繰り返しロシアが選挙の結果に影響を及ぼそうとしているとしてロシアを非難し、ロシアがトランプ立候を支持していることをほのめかしている。

ロシア大統領府のペスコフ報道官はこの非難には「完全に根拠がない」としている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала