独・オーストリア、対ロシアの米制裁に反対

© Fotolia / Muratart独・オーストリア、対ロシアの米制裁に反対
独・オーストリア、対ロシアの米制裁に反対 - Sputnik 日本
ドイツのガブリエル外相とオーストリアのケルン首相は15日、米上院が可決したロシアに対する新たな制裁強化法案がロシア産天然ガスを欧州へ運ぶパイプラインの建設計画に関わる企業に圧力をかけるとして反対する声明を発表した。共同通信が報じた。

プートニク日本

ガブリエル氏とケルン氏は「欧州の市場からロシア産ガスを締め出して米国産ガスを輸出し、米産業の雇用を確保することがこの法案の狙いだ」と主張。

また、対ロシア制裁を「米国の経済的利益と結び付けるべきではない」と非難した。「欧州の産業の競争力と、何千人もの雇用がかかっている。誰がどのように欧州にエネルギーを供給するかは米国ではなく、われわれが市場経済の競争原理に基づいて決めることだ」と強調した。

先の報道によると、米上院本会議は15日、ロシアとイランに対する制裁強化法案を可決した。投票は賛成98、反対2。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала