独情報機関、ホワイトハウスに諜報活動=独誌

© AP Photo / Andrew Harnikホワイトハウス
ホワイトハウス - Sputnik 日本
独情報機関である連邦情報局(BND)が8年間、米国家機関に対してスパイ活動を行っていた。独誌シュピーゲルの電子版が同局文書を基に報じた。

米大統領選挙 - Sputnik 日本
サイバー攻撃は米大統領選挙の結果に影響せず=米国土安全保障元長官
スプートニク日本

同誌は、1998年から2006年にわたるBNDの諜報活動の対象となったのは、ホワイトハウスや米防衛大手ロッキード・マーティン、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ、米航空宇宙局(NASA)に加え、米海兵隊や米国防情報局などの軍機関だと指摘する。

外国の大使館や米ワシントンにある国際機関も標的になっていたという。

これは、BNDによる諜報の初めてのケースではない。これより前、国際刑事警察機構(インターポール)や世界の大手メディア編集部がBNDの標的になっていたと報じられた。

また、先の報道によると、内部告発サイト「ウィキリークス」は、CIAの諜報活動を暴露する同局の機密文書を定期的に公開している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала