国際石油価格が値上がり 米採掘量の減少が影響

国際石油価格は30日、米エネルギー省が国内の採掘量の低下を発表したことに対する投資家の楽観的な予測を反映して値上がりを見せている。

スプートニク日本
日本時間13時44分、ブレント原油9月先物価格は0.57%上昇して1バレル47ドル90セントに、WTI原油8月先物価格も0.6%上がり1バレル45ドル20セントの値を付けた。

原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала