がんを早期発見する新たな方法が見つかる

米国の学者たちは、早期がん診断の効果的な方法を発見した。ロシアのマスコミが報じた。この研究は、Science Translational Medicine誌に掲載された。

ガン - Sputnik 日本
ごく普通のスパイスにガン細胞を殺す物質が発見
スプートニク日本

これは血液を採取し、腫瘍に関連するDNAのごく一部によって大腸がん、乳がん、肺がん、卵巣がんの始まりを検査するという方法。

共同研究者のビクター ・ベルクレスク氏は「我々は干し草の山の中から針を見つけようとしているため、DNAの変化を見つける時には、これは我々が意味していたものだと確信することを望んでいる」と語った。

学者たちは新たな技術を、その段階では発見が難しい早期のがん患者138人でテストした。新たな方法によって86人の患者が、がんと診断された。
学者たちは今後、大勢の患者でテストシステムの試験を行うほか、がんの発症リスクが高い、特に喫煙者などの健康診断に特別な注意を払う計画。

先の報道によると、ロシア科学アカデミーシベリア支部のケミカルバイオロジー・基礎医療研究所の研究グループが、今後の研究に有望ながんワクチンを開発した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала