原油価格、相反する要因を受けて様々な方向で取引

4日、世界の原油価格が、様々な方向で取引されている。米国のWTI原油はメキシコ湾の原油生産減少を背景に上昇を続け、ブレント原油は北朝鮮の水爆弾頭実験のニュースを受けて下落している。

スプートニク日本

日本時間13時49分の時点で、北海ブレント原油先物11月限の価格は0.42%安の1バレル=52.55ドル。WTI原油先物10月限の価格は0.27%高の1バレル=47.42ドル。

原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала