メキシコ地震 救助犬フリーダの名を永遠に 紙幣に採用の請願【写真・動画】

19日に大きな地震が起きたメキシコで、救助犬のフリーダは数日の捜索救助活動でがれきの下から数人を発見して命を助け、ヒーローになっている。

スプートニク日本

SNSではフリーダの姿を永遠のものにするため、妻のフリーダ・カーロとともに500ペソ紙幣に描かれている有名な芸術家のディエゴ・リベラを犬のフリーダに変えるよう提案する人もいる。

​7歳のラブラドールであるフリーダの実績は非常に印象的。これまでにメキシコやエクアドル、グアテマラにハイチといった各国での捜索救助活動で計52人の命を救った功績を持つのだ。

​フリーダは生後2ヶ月から捜索活動のための特別な訓練を受け、現在は大規模自然災害の際に捜索救助活動に参加するメキシコ海兵隊で勤務している。

​マグニチュード7.1の地震が19日、メキシコで発生。南部で起きた強い揺れは首都メヒコにまで伝わり、メヒコの建物44戸が倒壊した。これまでの情報ではメキシコ全土での死者は295人に上る。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала