国際原油価格 値動きは多方向 イラクのクルド人自治区と米備蓄量発表に反応

国際原油価格は金曜午前、トレーダーのイラクのクルド人自治区の状況への危惧と米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の発表の米国内備蓄量へ一様ではない評価を反映して多方向の値動きを見せている。

スプートニク日本

日本時間14時38分の時点でブレント原油12月先物価格は0.07%値上がりし、1バレル57ドル20セントに、WTI原油11月先物価格のほうは0.1%値下がりして1バレル51ドル51セントとなっている。

原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала