ロシア人画家の盗難絵画がスイスでオークションに出品

CC0 / / 『レーヴェリの眺め(原題:海)』
『レーヴェリの眺め(原題:海)』 - Sputnik 日本
ロシア帝政時代の画家イワン・アイヴァゾフスキーの絵画で1976年に盗まれ、行方が分からなくなっていた作品が、スイスのオークションで発見された。ロシア内務省が29日に伝えた。

スプートニク日本

ドストエフスキー 天使か悪魔か? - Sputnik 日本
ドストエフスキー 天使か悪魔か?【漫画】
同省広報担当のイリーナ・ヴォルク氏は「スイス国内のオークション会場KOLLERでイワン・アイヴァゾフスキーの1845年作『レーヴェリの眺め(原題:海)』が出品されたという情報を受けた」と述べた。

同氏によると、国際刑事警察機構(インターポール)を通してスイス司法当局と連携した結果、絵画は出品から取り下げられたという。

百万ドル以上の価値があるとも言われるこの絵画は、自然保護区博物館「ドミートロフ・クレムリン」のコレクションから1976年に盗まれた後、行方が分からなくなっていた。現在は、作品をロシアに戻すための作業や手続きが行われている。

文化関連のニュースはこちら

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала