スロバキア首相=米中の情報技術は信用できない

© AFP 2022 / Thierry Charlierスロバキア首相
スロバキア首相 - Sputnik 日本
中に何が仕込まれているか誰も知らない以上、ヨーロッパは米中からの場合は特に、情報技術や製品購入に際して慎重になる必要がある。エストニア首都タリンで開かれていたEUデジタルサミットから帰国したスロバキアのフィツォ首相が記者団に述べた。

スプートニク日本

タリンで29日、デジタル時代の問題を話し合うEUの非公式首脳会議「デジタルサミット」が開かれた。サミットではEUを2025年までに、デジタル分野で世界のリーダーに変え、市民の個人情報などを外からの侵入から守り、情報環境を安全にする道筋が話し合われた。

コンピューター - Sputnik 日本
マカフィー、ネット最大の「危険」人物を挙げる【写真】
フィツォ首相は「このサミットで、欧州が様々な情報技術や製品の購入に慎重に対処する必要があると公言した首脳もいた。これが米国や中国、他の生産国についてか否か。なぜなら、この製品に何があるか誰にもわからないためだ。共通の願いは、この分野で統一された欧州の政策を確立することだった」と述べた。

フィツォ首相によるとサミットでは、情報システムの使用に関係した悪用が多く話し合われた。

フィツォ首相は「今日もはや、デジタル技術の質については話されない。問題は、社会をデジタル技術関係の悪用からいかに守るかにある。情報環境は急速に発展しており、まもなく誰もが私たち1人1人について全てのことを知るようになるだろう。私はこのことには全く喜べない。人間には私生活の権利があり、社会から私生活への侵入を阻む必要があると考えているからだ」と強調した。

先ほど、ロシアのサイバーセキュリティ企業インフォウォッチが、情報流出に対してセキュアなスマートフォン「タイガフォン」を開発した。

関連記事

日本のスパイの特徴 誰が、どのように、なぜ中国の機密情報を収集するのか【オピニオン】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала