世界の珍しいアクアリウム10選【写真・動画】

通信社スプートニクが、地球上に存在する優雅で素晴らしいアクアリウムをご紹介する。

スプートニク日本

2007年、アクアリウムiPondが発売された。これは水量わずか350mlの小さな四角柱のアクアリウムで、iPodに似ている。動物愛護団体から「拷問箱」だとして抗議を受けたため、普及しなかった。

​ロシア人アーティストのアナトーリー・コネンコさんは、さらに小さな30×24×14mmのアクアリウムをつくった。このアクアリウムに入るのは、パンダカ・ピグミアなどのとても小さな魚のみ。

​欧州最大のアクアリウムは、ポルトガルのリスボン海洋水族館にある。同アクアリウムはU字型で全長40メートル。生きた海藻や貝類などで豊かに彩られている。

© AP Photo / Armando Francaリスボン海洋水族館
リスボン海洋水族館 - Sputnik 日本
リスボン海洋水族館

テキサスのバー「QUA Bottle Lounge」では、ガラス張りの床の下にサメやエイなどが泳ぐアクアリウムが設置されたが、動物愛護団体の要求によりバーは閉鎖された。

ベルリンにある「ラディソン・ブル」ホテルには、世界最大の高さ25メートルの円筒形アクアリウムがある。100万リットルの海水の中を1500種類以上の熱帯魚が泳いでいる。アクアリウムの内部には定員数48人のエレベーターが設置されており、泳ぐ魚を見ながら移動することができる。

© AFP 2022 / DPA/Kay Nietfeldラディソン・ブル
ラディソン・ブル - Sputnik 日本
ラディソン・ブル

今日、公衆電話ボックスがアクアリウムに様変わりしたと聞いて驚く人はあまりいないだろう。だが携帯電話やスマートフォンの普及で必要性が低くなった公衆電話の問題を解決するこのような洗練された方法は注目に値する。

​ある時デザイナーたちが透明な便器の製作に取り組んでいた時、1人のデザイナーが、便器にアクアリウムを設置できるのではないかと思いついた!そしてアクアリム便器Fish'n Flushが誕生した。

​ラスベガスにあるカジノ「Golden Nugget」では、同カジノで勝った人に、世界の最も素晴らしいサメ5種が泳ぐ巨大なアクアリムの中の3メートルのガラスのトンネルを通り抜ける権利が与えられる。危険なサメが泳ぐアクアリムの中を通り抜けるのも、ルーレットと同じようにギャンブラーの心をくすぐる。

© AP Photo / Nigel DuaraGolden Nugget
Golden Nugget - Sputnik 日本
Golden Nugget

米ジョージア州アトランタには、さらに先に進んだアクアリムがある。ここの巨大なアクアリムでは、世界最大の魚類ジンベエザメの大人4頭が展示されており、これらのサメと一緒に泳ぐこともできるという。なおジンベエザメはプランクトンを食するため、一緒に泳いでも安全だという。

© AFP 2022 / Don Emmert世界最大の魚類ジンベエザメ
世界最大の魚類ジンベエザメ - Sputnik 日本
世界最大の魚類ジンベエザメ

米カリフォルニア州のモントレーベイ水族館は、非常に強く攻撃的な大きなホホジロザメが展示されていた唯一の水族館だった。ホホジロザメが清掃員をエサとみなして攻撃することもあった。

© AFP 2022 / Saul Loebモントレーベイ水族館
モントレーベイ水族館 - Sputnik 日本
モントレーベイ水族館

最も驚くべきアクアリムは、日本にある「氷の水族館」。凍った魚が氷の壁の中に展示されており、生きているように見える。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала