モスクワでテロ画策「ダーイシュ(IS)」 隠れ家摘発のビデオ 爆破物も

© Sputnik / Russian FSB / フォトバンクに移行Задержанный ФСБ России участник ячейки группировки "Исламское государство" (Террористическая организация, запрещена в России) в Московской области
Задержанный ФСБ России участник ячейки группировки Исламское государство (Террористическая организация, запрещена в России) в Московской области - Sputnik 日本
モスクワ市内でテロを画策していた「ダーイシュ」の隠れ家がロシア連邦保安庁の捜査によって摘発された事件で、保安庁は武器や手製の爆破物が押収される現場の様子を映したビデオを公開した。

スプートニク日本

ラスベガス射撃事件の死者が50人に、負傷者も200人を超す - Sputnik 日本
ラスベガス銃乱射事件 死者58人以上、負傷者200人以上 警察が発表
拘束された一人は仲間と一緒に爆破物を制作したことを自供している。

ビデオでは保安庁の職員が拘束された一人に「手製爆破物には何が使われているのか? ここにあるなかの釘か?」と尋ねると、相手が釘であることを認める場面が収められている。

拘束されたテロリストらは、2017年9月にモスクワ市内の市民の多く集まる場所や交通インフラ施設で爆破物を仕掛けた複数のテロを画策していた。保安庁の発表ではメンバーの潜伏していた場所では、すぐにでも使用できる状態の手製の爆発物2個とマカロフPM2丁、手榴弾RGD-52個、通信手段および爆発物の制作に必要な材料が見つかっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала