映画史上最悪の死亡シーン発表【動画】

© 写真 : Erler Filmトルコ映画「空手ガール(Karateci Kız)」
トルコ映画「空手ガール(Karateci Kız)」 - Sputnik 日本
英「インデペンデント」紙が、1974年製作のトルコ映画「空手ガール(Karateci Kız)」の殺人シーンを「映画史上最悪の死亡シーン」に認定した。

スプートニク日本

この場面は、口髭のある悪役がヒロインから何回か銃撃されたあと、1分間にわたって痛みから奇妙な姿勢で身をよじる、というシーンがスローモーションで撮影されたもの。この恐ろしいシーンの間、流れる血と撃たれた悪役の不気味な叫び声が表現されている。

同紙によると、この悪役を演じたのは今年死去した俳優のビュレント・カヤバシュ(Bülent Kayabaş)氏。

関連ニュース

あの『ゲーム・オブ・スローンズ』がなんと日本語のアニメに【動画】

スターウォーズ 新エピソードの予告編公開【動画】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала