暗殺されたロシア大使の画像 ゲームから削除

© Sputnik / Iliya Pitalevロシアのカルロフ駐トルコ大使
ロシアのカルロフ駐トルコ大使 - Sputnik 日本
米ゲーム開発会社「テルテイル・ゲームズ」が、コンピューターゲーム「Batman: The Enemy Within」から2016年12月に暗殺されたロシアのカルロフ駐トルコ大使(当時)の画像を削除し、ロシア政府からの抗議のあと公に謝罪した。コンピューターゲーム開発者向け情報サイト「Gamasutra」が伝えた。

スプートニク日本

テルテイル・ゲームズ社広報部は、「我が社は今回の件について遺憾の意を表明し、今後の我が社の厳しい製品基準と品質管理の維持に向け、社内でしかるべき措置をとる」と述べている。

カルロフ氏の画像は、すべてのプラットフォームにおける同ゲームから削除されたとしている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала