米国連大使、米がイラン核合意維持する理由を語る

ヘイリー米国連大使は、米国がイラン核合意の破棄を取りやめたのは、いかに合意を改良すべきかを理解するためだと述べた。

スプートニク日本

ヘイリー国連大使はNBCのインタビューに対し「現時点では合意から離脱しない。良くする方法を考えるためだ」と述べた。

ヘイリー国連大使は「国際社会はこれ(核合意)が何かシステムを形成するものかのように振る舞っているが、米国は、合意が自国の国益に合致し続けているか、絶え間なく合意を調べる必要がある」と指摘した。

合意の最終的な課題は、「自身の行動の責任をイランに取らせる」ことにあり、「現在は、イランには第2の北朝鮮になることを許さないと言いたい」と指摘した。

関連記事

トランプ大統領の対イラン新戦略

【オピニオン】米国の無秩序な政策の結果、日韓両国は核武装に動くか?

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала