平昌パラ アイスホッケー日本代表出場決定 ロシア代表は不透明

© Sputnik / Alexey Kudenko / フォトバンクに移行平昌パラ アイスホッケー日本代表出場決定 ロシア代表は不透明
平昌パラ アイスホッケー日本代表出場決定 ロシア代表は不透明 - Sputnik 日本
2018年3月に開催される平昌(ピョンチャン)パラリンピックのアイスホッケーの最終予選がスウェーデンで行われ、日本は2大会ぶり5回目の出場を決めた。最終予選での成績は3勝1敗の2位。前回出場したバンクーバー大会では、日本は銀メダルを獲得している。NHKが伝えた。

スプートニク日本

ロシアの女子テニスのマリヤ・シャラポヴァ選手 - Sputnik 日本
シャラポワが2年半ぶり決勝進出!
平昌パラリンピックのアイスホッケーの出場国8カ国すべて(カナダ、米国、韓国、ノルウェー、イタリア、チェコ、日本、スウェーデン)がこれで出揃った。

一方、ソチ大会で銀メダルを獲得したロシア代表は、国際パラリンピック委員会(IPC)がロシア・パラリンピック委員会の資格停止継続を9月に決めたため、国の代表として出場することはできない。この決定についてロシア・パラリンピック委員会のスモリン副会長はスプートニクとのインタビューで、「政治的なもので、人権侵害だ」と話している。

ただ、スプートニクの情報では、「中立選手」としてロシアのパラリンピック選手が出場できる可能性は残されており、この問題についてロシア・パラリンピック委員会のルキン会長は、「IPCの決定次第ではアイスホッケーも含め11月に議論する」と述べている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала