米有志連合 シリアのラッカから「ダーイシュ(IS)」の外国人戦闘員は退避させないと確約

© REUTERS / Khalil Ashawi米有志連合 シリアのラッカから「ダーイシュ(IS)」の外国人戦闘員は退避させないと確約
米有志連合 シリアのラッカから「ダーイシュ(IS)」の外国人戦闘員は退避させないと確約 - Sputnik 日本
テロ集団「ダーイシュ(IS、イスラム国)」掃討の米軍率いる有志連合は、包囲中のシリア北部ラッカから外国人戦闘員は退避させないことを確約した。有志連合報道官のライアン・ディロン米陸軍大佐が述べた。

スプートニク日本

米有志連合 シリアのラッカから「ダーイシュ(IS)」の外国人戦闘員は退避させないと確約 - Sputnik 日本
米有志連合 シリアのラッカから「ダーイシュ(IS)」の外国人戦闘員は退避させないと確約
ディロン大佐は、アラビア語放送局「スカイニュース・アラビア」のインタビューで、ラッカの「ダーイシュ」に所属する外国人戦闘員に関する質問に対し「唯一の方法は、降伏だ」と答えた。

一方、シリア人戦闘員については、地元部族長らとの合意に基づき、275人が撤退したことを認めた。このような処遇は、モスルなどの奪還済み地域で行われてきたという。
住民が避難し地元戦闘員が降伏したラッカでは15日、アラブ人とクルド人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」が同地への「最終攻撃」を始めたことが報じられていた。

有志連合によると、シリア民主軍はラッカの9割を制圧したとされている。

関連ニュース

トルコ軍部隊 シリア領内へ越境

米有志連合は「ダーイシュ(IS)」以外のすべてを破壊している シリア外相

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала