原油価格 18日の上昇を修正し下落

国際原油価格は19日午前、米エネルギー省による在庫減少の週間発表とイラク情勢の緊迫化による18日の値上がりを修正する形で下落している。

スプートニク日本

日本時間13時41分の時点でブレント原油12月先物価格は0.05%値下がりし1バレル58ドル12セントに、WTI原油11月先物価格も0.08%下落し1バレル52ドルの値をつけている。

原油関連のニュースはこちら。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала