中国ファーウェイの新型スマホ 世界初のAI搭載 プロセッサを採用

© AFP 2022 / Christof Stache中国ファーウェイの新型スマホのプレゼンテーション
中国ファーウェイの新型スマホのプレゼンテーション - Sputnik 日本
ドイツのミュンヘンで10月16日、中国のファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)社がスマートフォンの最新モデル「HUAWEI Mate 10」シリーズを発表した。

スプートニク日本

この最新スマホでは100枚の画像を僅か5秒で認識できるようになり、同シリーズ前モデルの20倍の画像認識速度を達成した。

また従来モデルではアプリの扱いだった人工知能(AI)を初めてプロセッサに内蔵。更に、これまでの最良比率とされていた16:9から発展し、18:9フルスクリーンのOLEDディスプレイを搭載している点では、今のところ他に匹敵するものが他にない。エネルギー効率も50倍になったと言われる。

AIプロセッサのMate 10の技術的な大躍進によって、米アップルや韓サムスンは挑戦状を突きつけられた形になった。

この人工知能を搭載した中国製新型スマホの販売価格は、826ドルからとなっている。

関連ニュース

「Siri」は一番おバカな人工知能 一番賢いのはどれ?

90年代半ばにスマートフォンがあったらどんなだった? イタリア人デザイナーが発表【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала