飛行機が墜落すると思った英国人が恋人にプロポーズ【写真】

ロンドンの弁護士は、恋人と一緒に乗っていた飛行機が急降下し始め、酸素マスクが出てきた時、プロポーズした。デイリー・ミラー紙が報じた。

スプートニク日本

弁護士のクリス・ジーンズさんは、恋人のケーシーさんと一緒にエアアジアのオーストラリア発バリ行きの飛行機に乗っていた。ジーンズさんはバリ島でプロポーズするつもりだったが、飛行機が急降下し始めたため墜落すると考え、予定を変更した。

ジーンズさんは他の乗客が恐怖で叫び、客室乗務員がシートベルトの着用を求めて「機内を走り回っている」時、ケーシーさんにプロポーズした。

ジーンズさんはその後ジャーナリストたちに「幸せなことに彼女は同意してくれました。そして私たちは地上でもう一度、私たちの決意を確認しました」と語った。

結果、飛行機はオーストラリアのパース空港に緊急着陸した。エアアジアによると、技術的な不具合が原因だという。

先の報道によると、フェイスブックとツイッターでプロポーズの瞬間が偶然写真に収められたカップルが探されている。英南西部ドーセット州にある天然橋「ダードル・ドア」で男性が女性にプロポーズをした様子が写真に収められたのだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала