少し変だけど笑えるCM7選【動画】

広告は売上を加速させるエンジンであるため、度胸と才能がある動画作成者はCM作成に芸術的アプローチを取る。笑わずにはいられない動画をスプートニクと思い返しましょう。

スプートニク日本

起亜自動車

韓国の起亜自動車による広告動画の筋は、ユーモアを交えてカルト的人気を誇る映画マトリックス3部作に敬意を表する。

ペプシ

「本当の友達ならまさにこう振る舞うはずだ」とペプシのCMは物語る。

アメリクエスト(AMERIQUEST)

米国の元大手サブプライム、アメリクエスト(AMERIQUEST)は、同社が第1印象で人を判断せず、まさにそのためにほぼ全ての人に住宅ローンを借りるチャンスがあると訴えている。その証拠に、登場人物が彼らのイメージとは全く異なることを行うCMが数本出されている。

ヒュンダイ自動車

韓国ヒュンダイ自動車のハッチバック車の広告は一部の諸国で放送が禁止されたほど。動画では、車から降りようとする女性を死が待ち受けるが、車の右側には後部ドアがないため、交通事故を避けることは困難ではないというもの。

COMPANHIA ATHLETICA

2006年度のブラジルのCMは、フィットネスに励むよう男性に呼びかけるため、男性のたるんだ胸を赤ちゃんが吸う様子を映している。

DORITOS (ドリトス)

ドリトスによるチップスのCMで、男の子がお手製の「タイムマシン」に通りがかりの男性をおびき寄せ、手数料としてお気に入りのチップスを取る。そして愉快な偶然のおかげで、男性はタイムマシンが本物だと信じるに至る。

DIRT DEVIL

エクソシズムについてのホラー映画のように始まる動画は、実際には強力な掃除機の広告なのだ。天井に沿って飛ぶ女性はただ、上の部屋の住人の掃除の犠牲者になっただけなのだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала